南極地域観測


本学教員が第63次南極地域観測同行者に決定しました。


南極地域観測隊では,第51次隊より,全国の小中高等学校の教員が南極地域観測隊に同行し,南極授業(※)や帰国後の講演などを通じて,南極観測の意義や魅力を次世代を担う子ども達へ届ける「教員南極派遣プログラム」が実施されています。

6月30日(水)に開催された第158回南極地域観測統合推進本部総会において,本学の渡邊雅浩教諭(小学校・理科)が,第63次南極地域観測隊の同行者として決定しました。

今回の同行は,栃木県の教員として初めてとなります。
同教諭が同行する第63次南極地域観測隊(夏隊)は,本年11月に日本を出国し,12月に南極昭和基地へ到着してから現地で観測等を実施,2022年3月に帰国の予定です。

※南極授業
南極昭和基地滞在中に,昭和基地と国内を衛星回線で結び,派遣教員が自身の計画に基づいてコンテンツを作成し,所属校や一般に向けて行う授業。

◇本校の南極学習の取り組みこちら


◇第63次南極地域観測の基本的な考え方及び対応方針,並びに隊員等の決定についてこちら
◇教員南極派遣プログラムWebページこちら
◇渡邊先生が書く教員南極派遣Blogこちら