共同教育学部の組織

教育人間科学系

教育人間科学系は、教育分野、教育心理分野、特別支援教育分野の3分野から構成されます。ここでは、教育学や教育心理学を基盤として教育のあり方を探究するとともに、特別支援教育について学びます。教育分野では、教育の理念や哲学、歴史、カリキュラムの開発と評価などについて学び、教育心理学分野では、教授・学習の原理、児童・生徒の成長・発達、人格と適応などについて学びます。また、学校種や教科に関わらず、教員を目指すすべての人にとって特別支援教育の知見は必須であり、特別支援教育分野では、様々な障害や困難を抱える児童生徒に応じた教育のあり方について学びます。

教育分野・教育心理分野

教育分野・教育心理分野では、教育のあり方を原理的・総合的に学習します。教育の理念や歴史、学校の管理運営、教育方法の原理、子どもの発達と心理、臨床心理などが主な学習分野です。加えて、中学校教科について、学生の希望に応じてどれか一つの教科の免許を取得するための学習をします。卒業後は、教育学的知見や教育心理学的知見を生かした学校教員になることを目指しています。

  • 主な開設科目
    教育原論、道徳教育、教育哲学、教育制度、教育行政学、教育課程及び方法・技術、教育法法学、授業の研究、教育と情報、教育心理学、学習心理学、発達心理学、臨床心理学、生徒指導・進路指導、教育相談、情報教育
  • (教育心理分野 URL https://uukyoshin.wixsite.com/uukyoshin)

特別支援教育分野

特別支援教育分野では、特別支援学校および小・中学校において特別支援教育にあたる実践力のある教員を養成することを主たる目的とし、障害のある幼児・児童・生徒の発達や教育について専門的に学び、研究します。卒業要件を満たすことで、特別支援学校(知的障害・肢体不自由・病弱の3領域)および小学校の教員免許状が取得できます。また、必要な科目を履修することにより中学校、高等学校の教員免許状も取得できます。卒業後の進路は、特別支援学校や通常の学校の教員、大学院への進学、福祉施設職員などです。

  • 主な開設科目
    特別支援教育概論、知的障害児心理・生理・病理、知的障害児指導法、知的障害児教育課定論、発達障害児教育概論、重複障害児教育概論、肢体不自由児教育概論、病弱児教育概論、肢体不自由児心理学、病弱児生理学

担当教員のプロフィールと卒論等テーマ

教授

長谷川 万由美 長谷川 万由美
【専門分野】
シティズンシップ教育、社会福祉
【主な担当科目】
幼児教育の方法、シティズンシップ教育論、スクールソーシャルワーク論
【卒論等のテーマ】
障害者の就労支援、NPOとまちづくり、こどもの貧困
【高校生へのメッセージ】
本学部で学ぶ人の多くは教員になることを目指すことになります。大学が、学校の外から学校を見る最後の機会になります。教育現場だけでなく、様々な社会の現場に積極的に参加することがその後のキャリアの大きな糧となります。宇都宮大学にはボランティア活動や地域連携事業など、様々な社会の現場に触れる機会も多く用意されていますので、ぜひチャレンジしてください。

准教授

浅川 邦彦 浅川 邦彦
【専門分野】
教育実践科目群の企画及び実践
【主な担当科目】
教職入門,教職ボランティア入門,教育実習I,教育実習II,教育実習III,事前・事後指導,教職実践演習
【卒論等のテーマ】
【高校生へのメッセージ】
宇都宮大学教育学部は,教師になりたいという夢や希望の実現を目指しているみなさんの期待に応えるため,多くの学びの場を提供しています。ただし,最も大切なことは,それらの学びの場において,みなさんが主体的に学ぶということです。専門の教科にあっては自ら進んで探究し,教職実践科目群では理想とする教師を目指して必要な資質・能力を身に付けようとする4年間であってほしいと思います。充実した学びを実現するためには,試行錯誤することも重要です。常に挑戦する気持ちを持ち続けてほしいと思います。授業以外にもサークル活動やボランティア活動などを行って,様々な見方や考え方に触れたり,自分の見方や考え方を見つめ直したりすることも有意義です。将来,子どもたち一人一人を受けとめられる教師になるためには,人間としての幅を広げ,心を深く耕していくことが大切です。
石川 隆行 石川 隆行
【専門分野】
発達心理学
【主な担当科目】
発達心理学、子ども理解の心理学、幼児教育相談
【卒論等のテーマ】
子どもの感情の発達、感情に及ぼす要因の検討となります。最近のテーマとしては、5歳児の向社会的行動における新密度と共感性の関連、小学生と中学生のいじめ場面における被害者援助行動の検討などとなります。
【高校生へのメッセージ】
教育学部の「学校教員養成課程」で学ぼうと考えている皆さんは、将来的に先生を目指そうとする志が強い方かと思います。また、「総合人間形成課程」で学ぼうと考えている皆さんは、自分自身の能力を開発し、社会に貢献したいと強く思う方かと思います。どちらの課程においても、自分に目をむけるとともに、子どもたちや保護者、ひいては社会の方々に寄り添っていく気持ちが大切です。そのためには、高校生のときから、本学のアドミッションポリシーでもある「様々な活動に主体的に取り組めるとともに、共感性や思いやりの心をもって行動できる」ように努力してもらえればと思います。その努力は、決して無駄にならず大学、その先の社会でも活かされものと考えます。
石川 由美子 石川 由美子
【専門分野】
臨床発達心理学、障害児心理学
【卒論等のテーマ】
子どもの物語理解、発達と発達援助など
【高校生へのメッセージ】
まじめに一生懸命努力をするのは、宇都宮大学に入る学生さんは得意だと思っています。ですから、宇大に入学を希望する学生さんたちもその素質は十分と思います。
でも発達の初めは、遊びです。夢中で遊んでいるうちにわかってしまう。分かる方法までもわかってしまう。人を突き動かす原動力は、おもしろい! です。おもしろいから遊ぶ、もっと遊びたいから繰り返す、繰り返すから、分かってしまう。まじめと努力を意識しないで、やってのけてしまうのが遊びです。遊びの力を学びに、大変をストイックにこなすではなく、おもしろいからチャレンジするという思考のパラダイムシフトが重要かなと思います。
上原 秀一 上原 秀一
【専門分野】
教育学、教育哲学、教育思想史、近代教育思想の成立過程の研究
【主な担当科目】
教育原論
【卒論等のテーマ】
【高校生へのメッセージ】
宇都宮大学で〈良い教師〉を目指して勉強しましょう。しかし、勉強しはじめると、「〈良い教師〉とは何か」が分からなくなるかも知れません。そして、不安になるかも知れません。そこで立ち止まる。「〈良い教師〉とは何か」を一人で静かに考える。あまりまわりを当てにしない。簡単に納得しない。時間をかける。考えるために、読み、書き、読み直し、書き直す。私は、このように「〈良い教師〉とは何か」をじっくり考える〈教師〉になりたいです。また、そのような〈教師〉が育つのを見たいです。
川原 誠司 川原 誠司
【専門分野】
教育相談、発達臨床心理学、対人関係による精神的成長
【主な担当科目】
教育相談、臨床心理学特講、メンタルヘルス実習
【卒論等のテーマ】
教育心理学に関する幅広い内容を指導しています。
【高校生へのメッセージ】
大学で授業をしていると、思った以上に学生が「人の話を聴けない」ことにびっくりします。わかるために聴くという気持ちが薄いのか、授業中に私が四苦八苦します。もっと驚くのは、その状態で「自分は(相手のことを)理解している」と思ってしまうことです。また、学びの際に他者と協力できないことも気がかりです。コミュニケーションをとらず、自分の作業分担を回避して楽をしようという人も一部には見受けられます。人の話を聴き、人にうまく話し、協力して事に当たるという経験をたくさんしてきてください。そういう学生たちと学びや実践を共にしていきたいと強く感じています。
丸山 剛史 丸山 剛史
【専門分野】
教育学(教育課程論、学校教育学)
【主な担当科目】
カリキュラム論、教育評価論、教育課程及び方法・技術、特別活動論など
【卒論等のテーマ】
教員の主な研究テーマは、戦後日本教育課程史、新制中学校論ですが、卒業論文のテーマは学生さん自身が考えます。過去の例を以下に掲げます。
◇戦後日本の幼児保育史における深谷鋿作の位置
◇日本の小・中・高等学校における学級委員制度に関する基礎的研究
◇栃木県における「外国人児童生徒教育」の位置づけに関する考察:大阪府・愛知県における母語・母文化教育の取り組みとの比較により
◇「大学における教員養成」原則のもとでの教育実習のあり方
◇栃木県の小中学校教員の学習塾に対する意識
◇松居直の絵本論:子どものためのよい絵本を求めて、など
【高校生へのメッセージ】
楽をして良いものを手に入れることはできません。より良いものを手に入れるために努力を惜しまないことが大切であることを強調しておきたいと思います。また、宇都宮大学は、素朴でまじめな学生が多く、学内の緑が豊かで学習環境としては最適です。規模が大きくないため、教員と学生の交流も密になっています。充実した大学生活を送りたいと考えている方は、ぜひ、いらしてください。

講師

助教

久保田 愛子 久保田 愛子
【専門分野】
教育心理学・発達心理学・生徒指導・進路指導
【主な担当科目】
生徒指導・進路指導,学級集団の心理学,教育心理学演習など
【卒論等のテーマ】
学校行事,特別活動,生徒・進路指導,教育心理学など
【高校生へのメッセージ】
皆さんが大学に入ったら,様々なことを“自分ごと”として捉える機会を多くもってほしいと思います。授業・サークルや部活動・アルバイト…といった活動は,多くの大学生が関わる活動であると思いますが,これらの活動に主体的に関われるかは皆さん次第です。たとえば授業を受けるときにも,「先生に教えてもらったことをなんとなく学ぶ」のではなく,自分なりに授業のテーマに関わる自分の意見をもったり,授業に関わりそうな書籍を読んだりして臨めば,同じ授業時間でも,その密度は何倍にも凝縮されていくことでしょう。サークルや部活動,アルバイトも「どうしたら,もっと皆で楽しく,目標に向かって,より充実した形で活動できるか」を考えて行動すると,これまでとは違った“意味”が見えてくるかもしれません。目の前にあることを“自分ごと”として捉え試行錯誤する過程が,皆さんの成長につながることを願っています。
福田 奏子 福田 奏子
【専門分野】
特別支援教育,視覚障害教育
【主な担当科目】
視覚障害教育概論,視覚障害児教育課程・指導法,視覚障害児指導法特論
【卒論等のテーマ】
教員の主な研究テーマは視覚障害教育ですが,視覚障害に限らず,子供を対象にした研究や,子供の指導や臨床に関する実践研究などをサポートしていきたいと考えています。
【高校生へのメッセージ】
どの大学・学部を受けようか,自分はどんなことを学びたいのか,迷ったり不安になったりすることもあると思います。大学は,これまでの中学校・高校までと違う未知の世界ですから,それは当然のことです。ですが,どこの大学に行っても,見つけようと思っていれば,必ず興味が持てること,夢中になれるものは見つかるはずです。宇都宮大学には,そんな皆さんを支える温かい教員や職員,学生の先輩方が沢山います。そして,やりたいことを見つけようと,同じように頑張っている仲間がすぐにできるはずです。
宮代 こずゑ 宮代 こずゑ
【専門分野】
教育心理学、認知心理学
【主な担当科目】
教育心理学、児童生徒の思考と認知、教育心理学演習A、学習心理学、教育心理学特講、教育心理学実験
【卒論等のテーマ】
現在募集中です。私自身はこれまで、表現と言語処理の関係について心理学実験の手法を用いて研究を進めてきておりますが、是非、卒論生の方が自分自身の興味・好奇心を持って取り組めるテーマで研究を進めていただきたいと考えております。
【高校生へのメッセージ】
心理学、と聞いて、どんなイメージがありますか?大学一年生に授業をすると、「え、これも心理学なの?」という声がよく挙がります。みなさんが日常で接するような現象も、心理学の領域では多く研究されています。その研究に触れることで、世界の見方がすこし変わるような体験ができると思います。興味のある方はぜひ、宇大にいらしてください。