共同教育学部の組織

人文社会系

人文社会系は、国語分野、社会分野、英語分野の3分野から構成されます。その主たる目的は、国語科、社会科、英語科に関係する教科教育と専門学問の方法を身につけた、専門性の高い小・中・高等学校教員を育てることです。1年生では、人文社会の領域を広く経験しながら、どの分野を軸に教育と専門を往復するかについて、様々な学習の機会を提供します。2年生では、それぞれの分野に分かれて学習を深め、3年生以降はゼミに所属して、分野の専門学問の方法論を身につけ、本格的な教育実習を行い、また卒業論文を作成します。

国語分野

国語分野では、日本語学・日本文学・漢文学・国語科教育の専門科目を幅広く履修し、小学校・中学校・高等学校の国語科の教員に必要な、知識・技能・態度を身につけることができます。4年次には、専門分野に応じたゼミに所属し、卒業論文の制作を行います。また、文学散歩や卒論発表会など、学年とゼミの枠を超えて、教員と学生が交流する国語分野全体の行事も充実しています。総合的国語力の育成をめざすのが国語分野です。

  • 主な開講科目
    日本語学概説、日本文学概説、漢文学概説、書写、中等国語科教育法、国語表現法、日本語史、日本文学史(古典・近代)、国語科教育特講、日本語学演習、日本文学演習、古典講読演習(古文・漢文)、国語研究セミナーなど。

社会分野

社会分野は社会科教育や、関係する専門学問の方法を身につけた学校教員を育てることを主たる目的としています。どの学校段階でも、学習者の追究が深くなると、哲学、歴史学、地理学、法律学などの関連学問の探究の仕方や、それに準じた学習の構えをするようになります。その際、教師に必要なのが専門学問の研究方法の経験です。社会分野では、学習指導に必要な経験を社会科教育や専門学問を通して学生自らが学ぶ指導を行います。


英語分野

英語分野では、英語教育・英米文学・英米語学・英米文化などを学び、小・中・高で英語を教えるのに必要な専門性を身につけることができます。英語分野の授業は少人数のクラスが大半で、落ち着いた雰囲気の中、学習に励むことができます。3年次から4年次にかけて、自身の希望する指導教員のもとで研究テーマを決め、卒業論文の作成に励みます。卒業生は主として小・中・高の教員として活躍しています。

  • 主な開講科目
    オーラルコミュニケーション演習、英文法演習、英語音声学、イギリス文学演習、アメリカ文学演習、英語科教育法、現代英語表現法演習、英語研究セミナー

担当教員のプロフィールと卒論等テーマ

教授

天沼 実 天沼 実
【専門分野】
英語学・理論言語学、統語論・意味論・英文法、意味・機能や発達心理学的観点からの英文法研究
【主な担当科目】
英文法・英作文I
【卒論等のテーマ】
【高校生へのメッセージ】
大学は、我々はまだ何を知らないのかという問いに取り組む場です。授業でも、知らなくてもいいけれど知っていれば現実の現象をよりよく理解できることになるかもしれないことや、ひょっとすると何十年か後には実生活に役に立つかもしれないことなど、即物的な目的・目標とは結び付けにくいことと多く触れることになります。漠然とすごしているうちに自分にとって必要あるいは近々役立ちそうと思えることにしか関心を持たなくなってしまうようでは世界は狭く浅いものになるばかりで実のある成長はありません。知的好奇心を意識的に高めて、自分の頭で考え、新たな問いを自ら立てて取り組むことができるようになってほしいと思います。自分が変わりゆく可能性に大いに期待して、そのきっかけとして図書や諸施設、教員や仲間の学生も含めた大学の資産を存分に活用してください。
下田 淳 下田 淳
【専門分野】
ドイツ史、西洋史、世界史、宗教史
【主な担当科目】
「歴史学入門」「歴史と民族」「外国史概説」「歴史学特講」
【卒論等のテーマ】
外国史関係(日本史を除く)
【高校生へのメッセージ】
学校の先生に必要な素養はたくさんありますが、まず専門知識を身につけること、自分で考えることが大事です。
鈴木 啓子 鈴木 啓子
【専門分野】
日本近代文学
【主な担当科目】
日本文学概説、日本文学史(近代)、日本文学演習
【卒論等のテーマ】
日本近現代小説、夏目漱石、森鷗外、樋口一葉、泉鏡花、国木田独歩、芥川龍之介、小川未明、川端康成、三島由紀夫、大岡昇平など。
【高校生へのメッセージ】
「学問」は楽しいですよ~。物事の本質や真理にたどりつくための試行錯誤。一つのテーマを設け、先人の知恵に学びつつ考察する「脳と心と体」の持久戦。この喜びを皆さんに伝えたい。試練のあとに訪れる本当の楽しさを味わってもらいたい。学問は、気の弱い(心優しい?)皆さんにも、「真の自信」を与えてくれるはずです。学問の苦楽を共にしたクラスメイトは「生涯の友」となるでしょう。
溜池 善裕 溜池 善裕
【専門分野】
社会科教育(授業分析、教育実践史)
【主な担当科目】
初等社会科教育法、中等社会科教育法II・III
【卒論等のテーマ】
問題解決学習論、生活綴方運動、奈良の学習法、授業分析論など
【高校生へのメッセージ】
教育学部の授業を受けたとしても、教師になれるかというと、制度上はなることができます。つまり所定の単位をとりさえすれば卒業と同時に教員の資格が手に入ります。しかし、そのことと、「教師になる」ことは違います。単位さえとればいいのですから、自分の思い描いた姿に自分がなっていなくてもいいのです。そんなふうにはおわりたくない高校生。「教師になるとはどういうことか」「授業とはなにか」「学校とはなにか」を考えながら、自分の思い描く教師は正しいのかについて考えたい高校生を待っています。
松村 啓子 松村 啓子
【専門分野】
地理学
【主な担当科目】
社会、地理学概論A、地誌学概論B、地理学実地調査、里山のサステイナビリティを考える
【卒論等のテーマ】
国内の諸地域を対象にした、フィールドワークに基づく調査研究が多くなっています。具体的には、都市発展と住宅地形成、地場産業地域の変容、商業活動とまちづくり、観光地域と観光行動、伝統芸能の継承活動などです。
【高校生へのメッセージ】
生活の舞台である地域には誇るべき豊かさがあることを、どのように子どもたちに伝えていけばよいでしょう。そんなことを大学生になってから、時にはキャンパスを飛び出して一緒に考えていきましょう。社会に出る手前のかけがえのない時間を宇都宮大学、そして栃木県で過ごすことが幸運と感じられるように、私も授業をとおしてサポートしていきたいと思います。
守安 敏久 守安 敏久
【専門分野】
国語(日本近代文学、現代演劇・映画)
【主な担当科目】
日本文学概説、日本文学演習、国語
【卒論等のテーマ】
三島由紀夫論、安部公房論、寺山修司論など。
【高校生へのメッセージ】
映画や放送作品、あるいはマンガなど、サブカルチャーと呼ばれる領域も、いまや日本を代表する国際的な文化となっています。日本近代文学で夏目漱石や森鴎外が古典となっているように、映画やマンガにも古典があります。黒沢明・小津安二郎・溝口健二の映画や手塚治虫のマンガなど、現代に生きる古典作品についてもふれてみましょう。必ずや新しい発見があるはずです。

准教授

飯田 和明 飯田 和明
【専門分野】
国語教育(国語教育基礎論・国語科教育実践論)
【主な担当科目】
中等国語科教育法、国語科教育特講
【卒論等のテーマ】
中学校国語教育における要約指導、文学的文章で考える力を育成する、など
【高校生へのメッセージ】
「人が人に教える」ということに興味がある人。自分が経験してきた授業や、教育という事象そのものに関心がある、または疑問を持っている人。それらについて、「言葉」というものを中心に考えてみたいと思う人。共に勉強して意見を述べ合い、実際の教育現場を知って考察を深め、これからの教育に携わっていく力を培っていきましょう。
熊田 禎介 熊田 禎介
【専門分野】
社会科教育学(歴史教育、社会科教育史)
【主な担当科目】
初等社会科教育法、中等社会科教育法Ⅰ・Ⅱ、地理歴史科教育法
【卒論等のテーマ】
歴史教育研究、社会科教育史研究、社会科授業研究など
【高校生へのメッセージ】
様々な専門性をもった人たちが、一緒に学ぶことができるところが教育学部の学びの面白さの一つだと思います。また、実際に小・中学校の授業を参観させていただき授業研究を行っていますが、学部生や大学院生、現職の先生方とともに学びあえる場は非常に勉強になることが多いと実感しています。一緒に学ぶことができるのを楽しみにしています。
黒川 亨子 黒川 亨子
【専門分野】
法律学(刑事法学)
【主な担当科目】
日本国憲法、法学概論、法学特講A、法学特講B
【卒論等のテーマ】
憲法学、刑法学、刑事訴訟法学、主権者教育など、多種多様です。最近のテーマとしては、「裁判員制度と死刑制度」、「犯罪報道における実名報道の是非」、「集団的自衛権の行使の合憲性」などの考察があります。
【高校生へのメッセージ】
本学部には、さまざまな学問領域の教員が所属しています。自分の専門分野だけに閉じこもるのではなく、幅広い視野を身につけるためにも、ぜひ他の分野の授業にも出てみてください。他の分野を学んだ上で、自分の専門分野を見つめなおすことによって、新たな発見がもたらされるかもしれません。みなさんにお会いできる日を、楽しみにしています。
小原 一馬 小原 一馬
【専門分野】
社会学(教育社会学、感情社会学)、遊び論
【主な担当科目】
社会学概論、教育社会学、遊びの理論とゲーム開発
【卒論等のテーマ】
教育や子ども、文化、ジェンダー、社会問題などが多いです。最近では、「教員の多忙化と理想像」「スクールカースト」「女子中学生の手紙文化」「就職活動と大学生の『やりたいこと』」「女性らしい仕事と女子マネージャー」「ホラー映画の文化比較」「日本サッカーにおけるプロフェッショナリズム」「ローカルヒーロー」「ヘイトスピーチ」などがありました。
【高校生へのメッセージ】
子どもたちに伝えたいことがまずあっての先生です。「これは面白い!」いう体験を積み重ねたり、「こんなことは絶許せない」という熱い思いを膨らませたりしてください。何かを許せないと思うためには、「◯◯はこうあるべきなんだ」という知識も必要です。
学問は、見知らぬ他人に「これが正しいんだ」ということを説得するための技術です。説得が上手になるためには、相手の話の裏を見抜いて反論できる、手ごわい相手を自分の中に育てること。そして強い相手と実際に対戦することです。ぜひ僕の挑戦者となってください。
【ホームページ】
http://ha2.seikyou.ne.jp/home/Kazuma.Kohara/jversion.htm
高山 慶子 高山 慶子
【専門分野】
歴史学(日本史)
【主な担当科目】
日本史概説A・B、歴史学特講A・B、社会科研究セミナー
【卒論等のテーマ】
それぞれの興味・関心のあるテーマについて、史料(古文書など)の調査・分析を行い、卒論を執筆します。近年の卒論題目は以下の通りです。
◇2015年度
 古代那須地域の前方後方墳と渡来系文化
 近世下野における寺子屋教育と識字率の関連性について
◇2014年度
 江戸の食事情―酒井伴四郎と天麩羅―
 社会階級ごとの男色文化
 壬生藩における蘭学導入の背景についての考察
 馬琴日記からみる江戸の葬礼―嫡男宗伯の葬礼を事例に―
 長州藩の明倫館教育
◇2013年度
 酒の起源と下野国の酒造に関する歴史的考察
 往来物・女訓物に見られる茶の湯と女性の関係の変化について
 塩原と戊辰戦争
 秋田藩の久保田城下町と阿仁鉱山―現況写真と幕末絵巻から―
 九尾稲荷神社に関する考察
 江戸庶民の浮世絵の楽しみ方
【高校生へのメッセージ】
大学卒業後の進路を具体的に思い描いている人も、自分が何をしたいのかまだよくわからないという人も、大学に入学したら授業でも課外活動でも、目の前のやるべき課題や、やってみたいと思ったことを、深く悩まず、一生懸命やってみて下さい。それが何の役に立つのか、そのときの自分にはわからなくても、一つずつ積み重ねた経験は将来の自分にいきると信じて、充実した大学生活を送ってほしいと思います。
森田 香緒里 森田 香緒里
【専門分野】
国語科教育学(言語発達、比較言語教育)
【主な担当科目】
初等国語科教育法、中等国語科教育法、国語表現法
【卒論等のテーマ】
国語の教育に関わるものや、子どもの言語環境に関わるものなどが挙げられます。近年では「絵本教材における挿絵を用いた読解指導」「子どもの要約文の分析」「テレビCMにおける表現方法の変化」などのテーマがあります。
【高校生へのメッセージ】
教育学部は、表現力が求められる機会が多いところです。たとえば教育実習では、教える内容に習熟するだけでなく、子どもたちにわかるよう表現を工夫して伝える努力をしなければなりません。またふだんの授業でも、積極的に発言したり文章に表現したりすることが奨励されます。ではどうすれば豊かな表現力が身に付くのか? やり方はいろいろありますが、最も手っ取り早い方法は、真似したくなるような人を見つけて真似をすることです。そのためには、自分の表現力を自覚し周囲の話に耳を傾けることが必要になってきます。大学には、真似したいと思えるような魅力的な人が数多くいます。もちろん私もその一人になりたいと、日々努力しています。
山田 有希子 山田 有希子
【専門分野】
哲学・倫理学、ヘーゲル哲学・生命倫理学、ヘーゲルにおける「矛盾」「生(命)」の概念について
【主な担当科目】
哲学特講A
【卒論等のテーマ】
【高校生へのメッセージ】
大学4年間はあっという間です。なぜ大学に進学したいのか、その意味をまずしっかり自覚して下さい。大学は何となく資格を取るためとか、卒業後の安定した進路のためとか、だけにあるのではなく、まずは、自由学問の場であり、「自分自身で考える」場だと思います。じっくりと腰をすえて勉強したり、一見、無駄なこと、無意味なことと思われる問題を、とことん考えたりすることができるのは、大学生活の数年だけでしょう。その貴重な贅沢な時間を無駄にしないよう、高校生のみなさんには、大学で何をしたいのか目的意識をきちんともってもらいたいと思います。
山野 有紀 山野 有紀
【専門分野】
英語(英語教育、英語教授法、第2言語習得理論研究) 応用言語学
【主な担当科目】
英語科教育法ⅠaおよびⅠb、英語科研究セミナーなど
【卒論等のテーマ】
英語教授法研究、英語授業研究など
【高校生へのメッセージ】
教師となるということは、目の前にいる児童や生徒のために、よりよい教育を模索し続ける探究者になることだと考えています。本学での学びが、その糧となるように努力します。ともに、学びつづけましょう。

助教

五十嵐 奈央 五十嵐 奈央
【専門分野】
英語(イギリス・アイルランド文学)
【主な担当科目】
イギリス文化論、英語文学演習など
【卒論等のテーマ】

【高校生へのメッセージ】
 大学は、自分の関心を見つけ、広げられる場所です。何でもいいので、好きなことや面白いことを見つけてみてください。
田所 貴大 田所 貴大
【専門分野】
英語(英語教育、言語教師認知、英語教授法)
【主な担当科目】
英語、英語科教育法Ib、英語科教育法特殊講義C
【卒論等のテーマ】

【高校生へのメッセージ】
 宇都宮大学の施設や教員のサポートを十二分に活かし、群れることなく、自分がやりたいことや知りたいことをとことん追求し、様々なことに挑戦してみてください。 
田村 岳充 田村 岳充
【専門分野】
英語(英語教育学)
【主な担当科目】
英語科教育法Ⅱ・Ⅲ,現代英語表現法演習
【卒論等のテーマ】
教員・生徒間のインタラクション分析、授業分析など
【高校生へのメッセージ】
 宇都宮大学は地域に根差した大学です。また、規模があまり大きくないので、先生と学生、学生相互のつながりが温かいのも特徴です。実際に教壇に立って授業をしたい、児童・生徒とともに学校生活を送りたい、という思いを形にできる場所だと思います。
 みなさんの入学を心待ちにしています。
三宅 俊浩 三宅 俊浩
【専門分野】
国語(日本語学)
【主な担当科目】
日本語学概説,日本語学講読,日本語学演習
【卒論等のテーマ】
語彙史,文法史,現代日本語の文法など
【高校生へのメッセージ】
 宇都宮大学教育学部は、教員と学生の距離が近く、濃密な指導・教育が受けられる点にメリットがあると思います。むろん、教員からの一方向へのサポートでは効果はありません。成長意欲があればどこまでも伸びていける、そんな素敵な環境を備えた学び舎であると思います。意欲に満ち溢れた皆さんをお待ちしています。