共同教育学部の組織

自然科学系

共同教育学部の重点目標の一つに、理系分野で中核的役割を担える教員の養成があります。特に小学校において理系教員の割合は小さく、工夫して計算する楽しさを伝える算数指導法や、安全で楽しく学べる実験指導法を身につけた理系教員が求められています。もちろん、中学校数学・理科・技術家庭、高等学校数学・理科・工業の教員としても活躍の場はたくさんあります。
このような観点から、自然科学系のカリキュラムは、理系科目における得意分野の創成とその強化をめざし、合わせて理系科目の楽しさを実感できる指導法を無理なく修得できる構成になっています。具体的には次に示す各分野紹介をご覧下さい。
理系に強い教員は、将来、我が国の科学技術と産業の発展を支える人材を育成するという重要な職業なのです。自然科学系では、数学や理科、技術を学ぶ楽しさを知ったあなたを待っています。

数学分野

数学分野では、小学校教員や中学校・高校の数学教員をめざします。3年次までは教員として必要な数学の専門知識、教育者として必要な教科特性に基づいた専門知識を学び、4年次には自分の選んだ指導教員のもとで、セミナー(卒業論文)を通して数学や数学教育学についての専門性を高めていきます。さらに深く数学や数学教育学を学びたい人は宇都宮大学大学院に進学して研究を行うこともできます。就職先は、小学校、中学校、高校の教員などがあります。

  • 主な開設科目
    数学科教育法、数学科指導論、数学科教材論、代数学概論、幾何学概論、解析学概論、統計学、情報基礎、離散数学、数学研究セミナー、アドバンスト小学校算数

理科分野

理科分野では、小学校教員や中学校・高校の理科教員をめざします。3年次までは教員として必要な理科の専門知識、教育者として必要な教科特性に基づいた専門知識を学び、4年次には自分の選んだ指導教員のもとで、卒業研究を通して物理・化学・生物・地学や理科教育学についての専門性を高めていきます。さらに深く物理・化学・生物・地学や理科教育学を学びたい人は宇都宮大学大学院に進学して研究を行うこともできます。就職先は、小学校、中学校、高校の教員などがあります。


技術分野

技術分野では、技術教育を構成するプログラミング、材料加工学、電気電子工学、機械工学、栽培学等の専門教育科目の基礎・基本を修得できるカリキュラムにより、教員としての能力と同時に、現代社会を支える技術を広く見渡せる能力を養成することをめざします。さらに深く技術や技術教育学を学びたい人は宇都宮大学大学院に進学して研究を行うこともできます。就職先は、小学校、中学校、高校の教員などがあります。

担当教員のプロフィールと卒論等テーマ

教授

伊東 明彦 伊東 明彦
【専門分野】
理科(理科教育学、地球物理学(地震学)、防災教育)
【主な担当科目】
初等理科教育法、中等理科教育法Ⅰ、理科研究セミナー
【卒論等のテーマ】
◇理科教育における力概念の形成をめざした実践的研究-力表示器「Fi-Cube」の開発と授業実践-
◇中学校理科・力学分野における教授法の改善-力の矢印の図示方法と文脈による理解度の違い
◇力の概念に関する研究-作用反作用の法則に関する概念調査-
◇中学校における電圧の概念形成を促す指導法に関する研究-概念調査と電位概念を導入した授業実践を通して-
◇電圧概念の理解を図る授業実践‐定電圧電源を模した水流モデルの提案
◇中学校理科における地震防災教育の在り方-東北地方太平洋沖地震を体験して-
◇日本と諸外国の中学校理科教科書における自然災害に関する記述内容の比較
【高校生へのメッセージ】
若い人の間には、ともすると”まじめに努力する”ことや"一所懸命やる”ことはかっこ悪いことだというイメージがあるように感じます。しかし、まじめに生きることのどこがいけないのでしょうか。私は、こつこつと地道に努力することの大切さをぜひ理解して欲しいし、そのような人間になってほしいと思います。
最近の若者はなっていないなどという人もいますが、幸い私の周りの学生さんはみんな自主的に積極的に生きている人ばかりです。学校の教員を目指している高校生の皆さん。ぜひ宇都宮大学教育学部入学して、そのような仲間にあなたも入りませんか。
【ホームページ】
http://www.edu.utsunomiya-u.ac.jp/scied/
井口 智文 井口 智文
【専門分野】
生物教育、発生生化学
【主な担当科目】
基礎の生物科学、理科、基礎生物学実験
【卒論等のテーマ】
生物教材作成、両生類の変態など
【高校生へのメッセージ】
「先生になりたい」、「生物の研究をしてみたい」という希望と情熱のある高校生、宇都宮大学で我々と一緒に研究をやってみませんか。
北川 義久 北川 義久
【専門分野】
数学(微分幾何学)
【主な担当科目】
幾何学概論、幾何学基礎、数学科教材論
【卒論等のテーマ】
幾何学(ユークリッド幾何学、射影幾何学、位相幾何学、微分幾何学など)に関するテーマが中心です。微分方程式を研究テーマにしたこともあります。
【高校生へのメッセージ】
数学教育に関心を持つ皆さんは、下手でもいいから自分で発見した解法を大切にするように心がけるべきです。そして、先生になったら、自分で解法を見つけようとする生徒を積極的に褒めるべきです。自分の考え方を褒められた生徒は数学が好きになり、自分で考えることに自信を持つようになるからです。ただし、それは実力のある先生に褒められてこその話です。宇都宮大学教育学部に入学し、数学についての真の実力を身につけることを目指して下さい。
酒井 一博 酒井 一博
【専門分野】
力学系理論
【主な担当科目】
算数、解析学概論、解析学基礎、関数論基礎、解析学Ⅰ、環境数学基礎
【卒論等のテーマ】
研究室に所属した学生は、主に関数族や微分方程式系の安定性と分岐についての研究を、幾何学的・解析的・統計的視点から行なっています。今までの卒業研究には、微分方程式系から生成されるアトラクタをフラクタルの立場から見直した、中学生や高校生に、数学を学ぶことの必要性・重要性が視覚的に伝えられるような教材についての研究があります。
【高校生へのメッセージ】
数学を用いて自然現象や社会現象を表現することができます。例えば、いくつかの関数のくり返しにより植物の葉を描くことができるなど、自然界に実際にあるものを、具体的に数式を用いて記述できます。「本当の数学って何か」を知りたい人は、私の研究室に来てください。何か新たな発見があるかも知れません。
南 伸昌 南 伸昌
【専門分野】
理科(理科教育、物理化学教育)
【主な担当科目】
理科、化学、中等理科指導論
【卒論等のテーマ】
粒子概念の認識、身近な現象のモデル化など
【高校生へのメッセージ】
教員養成課程ではクラス指定の授業科目が多く、自分の好きなペースで学ぶ、ということが難しくなっているように思います。フラフラしているとあっという間に時が過ぎてしまいますので、「教員になりたい」という意志はしっかり持って来てください。
山田 洋一 山田 洋一
【専門分野】
化学、化学教育、環境教育、マルチメディア
【主な担当科目】
情報処理基礎、理科、基礎の化学、環境生化学
【卒論等のテーマ】
化学、化学教育、環境教育、マルチメディアなど
【高校生へのメッセージ】
一に小学生のときの好奇心を持ち続けること、二に物事に感動する気持ちを忘れないこと、三に自分の頭で理解しながら地道に努力することが大事です。
【ホームページ】
http://www.edu.utsunomiya-u.ac.jp/yamadayo/
http://www.edu.utsunomiya-u.ac.jp/kagaku/
http://www.edu.utsunomiya-u.ac.jp/chem/

准教授

川島 芳昭 川島 芳昭
【専門分野】
情報教育(学校教育学)、教育工学
【主な担当科目】
情報教育、視聴覚教育、教育と情報
【卒論等のテーマ】
学校教育学、教育工学など
【高校生へのメッセージ】
教育学部とは、当たり前のことですが教員を目指す学生を養成することを目的としています。しかし、残念ながら現状は教員志望の学生ばかりではありません。そのような学生にとって教育学部のカリキュラムはかなり大変です。その反面、教員を目指す学生にとっては、将来必ず役に立つカリキュラムとなっています。これから、教育学部を目指す人は、ぜひ将来教員になるんだという志をもってください。また、「まだ迷っている、しかし、教員に少し興味がある」という人もぜひ、教育学部にきてください。教員のやりがいや人にものを教えることのすばらしさがわかると思います。
出口 明子 出口 明子
【専門分野】
理科教育、科学教育、ICTを活用した理科授業
【主な担当科目】
初等理科教育法、生活科教育法など
【卒論等のテーマ】
最近の卒業論文・修士論文のテーマです。
「小学校理科における科学絵本の活用−『とじ込めた空気』『光とかげ』の授業デザイン−」
「知識の構造化を目指した理科授業デザイン—中学校地学分野におけるコンセプトマップの活用—」
「持続可能な開発の理解支援を目指した環境学習—里山を題材としたゲーム教材の開発と評価—」
「粒子概念に関するラーニング・プログレッションズ—教師用解説資料の開発と評価」
「家庭における科学学習を支援する『親子で科学絵本』のプログラムデザインと評価」
【高校生へのメッセージ】
教育学部では現在、たくさんの学生のみなさんが「学校の先生になりたい!」という思いを持って学んでいます。学校の先生を目指すことになったきっかけは人それぞれですが、仲間と同じ目標に向かって切磋琢磨する姿は、キラキラと眩しくさえ感じます。
宇都宮大学教育学部では、教師を目指すための充実した学びの環境を整えて、みなさんをお待ちしています。是非、私たちと共に学び合いましょう。
牧野 智彦 牧野 智彦
【専門分野】
数学教育学
【主な担当科目】
数学科教育法Ⅰ、数学科指導論、算数科教育法
【卒論等のテーマ】
算数教育、数学教育
【高校生へのメッセージ】
私は、勉強と研究には、「知的誠実さ」が大切だと思っています。自分をごまかさない、自分の力不足を他人のせいにしないことが大切だと思います。これには、「できない」、「わからない」という状態を素直に受け入れる勇気と、その状態から目をそらさずに、一日も早くクリアできるよう努力し続ける忍耐力、そして、自分で考え、最終的には自分で決断するという決意が不可欠だと思います。
これらは最初からすぐにできるものではないかもしれません。大学生活を契機に、徐々に身についていくものと思います。でも、「今」からでも意識してみてはいかがですか?

講師

川上 貴 川上 貴
【専門分野】
数学教育学
【主な担当科目】
算数科教育法、数学科教育法Ⅱ、算数など
【卒論等のテーマ】
身近な事象とのつながりを重視した算数・数学の授業や教材の開発、算数・数学科における統計教育の指導改善など。
【高校生へのメッセージ】
学校の先生になる人たちには、子どもたちと一緒に、発見したことや出来るようになったことを喜べる心をもって欲しいです。不得意な教科を得意にするというのは、そう簡単なことではないかもかもしれませんが、その教科の学びを楽しむ心は自分の努力次第だと思います。宇都宮大学教育学部では、教科ひいては学問の楽しさを「再発見」する機会と環境が沢山用意されています。皆さんも、私たちと一緒に「学びを楽しむ心の扉」を開けてみませんか。

助教

鈴木 拓 鈴木 拓
【専門分野】
数学(代数幾何学)
【主な担当科目】
代数学概論,代数学基礎,離散数学,代数学
【卒論等のテーマ】
主に代数学(整数論,代数幾何学など)
【高校生へのメッセージ】
 小中学校や高校と比べ、大学は自由な場所です。したがって、大学を上手く活用できるかどうかは皆さんの自主性に掛かっています。最初は躓くことがあるかもしれませんが、地道に努力することで、学問の面白さに出会うことができると思います。
瀧本 家康 瀧本 家康
【専門分野】
地学教育,物理教育,自然地理学,気候学,防災・減災教育
【主な担当科目】
基礎の地球科学,基礎地学実験,中等理科教材論
【卒論等のテーマ】
地学教育,物理教育,気候学,防災・減災教育など
【高校生へのメッセージ】
・大学は「教えてもらう場」ではなく「自分から学ぶ場」「ともに学ぶ場」だと思います。これまで学んできたことを活かしながら,一緒に地学や地学教育のことを考え,研究してみましょう。
・教員はたいへんな仕事ですが,「自分にはできない」「向いていない」と思うことはありません。「向いているかどうか」は自分にはわかりません。色々な生徒が通う学校には,色々な個性の先生がいることがとても重要です。これまでに良い先生との出会いがあった,面白い授業をしてみたい,理科の教育実践研究をしてみたいと思ったら,積極的に教育学部を目指してください。
夏目 ゆうの 夏目 ゆうの
【専門分野】
物理(生物物理・化学物理・ソフトマターの物理)
【主な担当科目】
物理学,基礎物理学実験
【卒論等のテーマ】
ソフトマターの構造形成に関する研究,ソフトマターを題材とした基礎と応用を結びつけた理科教育
【高校生へのメッセージ】
 教育学部で学ぼうと考えている皆さんは,すでに目的を持って努力していると思います。教員養成課程のカリキュラムは大変ですが,課程で学ぶとともに,大学ではぜひ研究や実践を通して,まだ答えのない課題を自分で見つけて,それに取り組む体験をしましょう。その経験は,社会に出てからも自分自身で学び続けることができるという大きな自信になるはずです。一緒に学び,研究できることを楽しみにしています。