宇都宮大学教育学部附属学校園について
本学校園は栃木県宇都宮市の西に位置し、幼稚園・小学校・中学校の松原地区と特別支援学校の宝木地区にわかれています。私たちは、共通の教育目標である「豊かな心と感性、たくましい体力を持つ人間を育む」「自ら学ぶ意欲を高め、自ら学ぶ力を育て、生涯学習の基礎を培う」「国際化、情報化などの社会の変化に対応し、21世紀という新しい時代を切り開く力を育成する」を掲げて、幼・小・中の一貫教育及び特別支援学校との連携をもとに日々の教育活動を行っています。
連携・一貫教育について
本学校園では,「言語」「社会」「数学」「自然」「芸術」「生活」「健康」「特別支援」の8つの実践班を設け,すべての教員が「連携・一貫教育」について研修を行っています。宇都宮大学の先生とも連携を密にしながら、組織的に研究を深めています。本年度は,5月12日に附属小学校で全体会が行われ,大学の伊東先生より講話をいただくとともに,各実践班で本年度の組織作りをしました。12月6日には,教員養成機能の充実フォーラムを宇都宮大学にて開催し,4つの実践班が発表しました。

学校園の四季 School Season

  • ただいま配信する記事はありません。
Copyright©2015 宇都宮大学教育学部附属学校園 All Rights Reserved.